旅師!の行き当たりばったり。。( 新新 鉄道部 )

(鉄道メインで 旅の追録を載せています。。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

旅(654-追録60):また、函館駅付近が様変わりしつつありますが。。

こんばんは!


…ところで、北海道新幹線の工事が急ピッチで進められている中。。

…函館駅付近もまた少しずつ、様変わりしつつあるようです。。

画像10000-8428

…以前、当ブログ( 旧 鉄道部 )でも紹介した「 animate(函館店)」や「 北海道鉄道博物館 」が入っていた駅前のWAKOビルも閉鎖され、新しいビルに生まれ変わるとのことですし、朝市の市場の一部も建て替えの為このときは更地状態でした。。

画像10000-8429

…で、一昔前。。函館が大きく変わったのは、(津軽)海峡線の開業に伴って青函連絡船が廃止になった時期かと。。

…旅師!も以前は何度も利用した青函連絡船「摩周丸」が、現在も保存されています。。

…正式には「 函館市青函連絡船記念館 」。。らしいですが、入り口にはわかりやすく「 青函れんらく船の記念館 」と表示されています。。

画像10000-8430

画像10000-8431

画像10000-8432

画像10000-8433

…すぐ手前には、今は同じ青函連絡船「 大雪丸 」や「 津軽丸 」の大錨(いかり)などもこうして保存されています。。

…館内展示品等の撮影は自由ですが、以前にも少し載せたんで今回は割愛。。

画像10000-8434

画像10000-8435

画像10000-8436

画像10000-8437

…ここから望む景色は、あの頃とあまり変わってないんでしょうかね。。


スポンサーサイト

旅(2013年) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旅(654-追録61):渡島当別駅にて。。 | ホーム | 旅(654-追録59.6):「 カシオペア 」&「 北斗星 」。。(修正追加版)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。