旅師!の行き当たりばったり。。( 新新 鉄道部 )

(鉄道メインで 旅の追録を載せています。。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

旅(666-追録13):網走へ!


こんばんは!


…さて、1時間ほど緑の湯でのんびりした後。。再び緑駅へ!

画像10001-0539

…で12時をちょうどまわった頃。。知床斜里方向から列車がやって来ます♪

画像10001-0540

…この列車。。この緑駅で折り返し、始発の網走行きになります。。

画像10001-0541

…温泉にも立ち寄って、次の列車もほど良い時間のこのパターン。。

…旅師!は時々計画に組み入れてるんですが、あまり知られていないようです。。

画像10001-0542

…さて、列車は知床斜里駅を過ぎるあたりから、オホーツク海沿岸を走ります。。

…以前は、オホーツク海沿岸を走る路線がいくつも存在していたんですが。。

…今は、残念ながらこの区間くらいになってしまいました。。


…で、冬のオホーツク海。。と云ったら、やはり流氷。。

…車窓から見え始めると、やはりテンションあがりますョ♪

画像10001-0543

画像10001-0544

画像10001-0545

…ってことで、網走駅に到着!

画像10001-0546

…で、例によってすぐには改札を出ずに。。

…向かい側のホームで知床斜里行きの普通列車の出発を見送った後。。

…そのお隣りの特急「オホーツク6号」もお見送り。。

画像10001-0547

…この183系車両もまもなく姿を消すことになるようです。。

…さて、もたもたしてるうちに、「 流氷ノロッコ号 」も入線してきました。。

画像10001-0548


スポンサーサイト

旅(2015年) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旅(666-追録14):流氷ノロッコ号乗車! | ホーム | 旅(666-追録12):快速「 しれとこ 」で 途中下車!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。